太陽光発電メーカーの比較

太陽光発電システムを導入するためには、ソーラーパネルを購入し、設置する必要があります
太陽光発電のシステムは、国内に限らず海外においても数多くのメーカーが存在します。どのメーカーを選ぶかで発電生活が大きく変わってくるかもしれません。
このサイトでは、太陽光発電のシステムをメーカー別ごとに、発電能力変換効率価格などの項目で比較しております。あなたが太陽光発電を導入する目的に合わせてメーカーごとの違いを比較してください。
メーカーを絞った後は、工事を依頼する会社を選ぶわけですが、必ず、相見積もり(一括見積もり)をとる必要があります
太陽光発電の工事については、当サイトからは、定評のある太陽光専門の一括見積もりサイトにリンクしておりますので、そちらを利用いただけると時間の短縮につながるでしょう。

太陽光発電メーカーの比較表

※太陽光発電メーカーを比較してみました。太陽光発電を設定するなら必ず数社に相見積もりを取りましょう。複数社に一括見積もりしてくれるサイトを使うと便利です。

メーカー 主要機種の型式 太陽電池の種類 モジュール変換効率 1kWあたり相場価格 特徴
東芝 SPR-240NE-WHT-J 単結晶 0.193 約48万円 このモデルは、モジュール変換効率19%以上世界最高の変換率を実現しており、省スペースで効率よく発電します。またモジュール間の隙間を少なくし、電極を背面設置することなどで、デザイン的にも美しく仕上がっています。
パナソニック VBHN233SJ01 HIT 0.182 約48万円 ハイブリッド型HIT太陽電池を採用しているので、モジュール変換率が高く、モジュールが高温になっても発電能力が下がらないよう設計されています。このため、一年間を通して一定の発電効率を実現できていますが、システム設置は、他の商品と比べて高価であることが最大のデメリットと言えます。省スペースタイプなので、家屋への負担も少なくて済みます。
シャープ NQ-195AA 単結晶 0.169 約47万円 このモデルは、単結晶シリコン太陽電池を採用し、モジュール変換率は16.9%と世界トップクラスです。より多くの日光を受けられるバックコンタクト構造や送電ロスを減らす配電シート方式など、技術の粋が集められています。
長州産業 CS-260C11 単結晶 0.159 約50万円 単結晶シリコン156角フルスクエアセルを搭載し、モジュール変換率は、世界トップクラスの15.9%を実現しています。公称最大出力は260w国内製品ではトップです。、屋根スペースを十分に活用できる、変形モジュールとの連携が可能です。
カナディアンソーラー CS5A-200M(bf) 単結晶 0.1565 約45万円 単結晶シリコンタイプで、モジュール変換率は、15.65%公称最大出力は200wです。スタイリッシュな黒を基調としたアルミフレームを採用していますので、屋根の外観を損なうことなく設置できます。
サンテックパワー STP195S-24/Adb+ 単結晶 0.153 約45万円 この製品は、単結晶シリコンを使用して、公称最大出力が195wモジュール変換効率は15.3%と高水準です。価格も130万を切っている上、25年間の出力保障が付くので、とても経済効果が高いと言えます。
三菱電機 PV-MA2120J 単結晶 0.149 約45万円 この製品は、公称最大出力が212wで、モジュール変換効率は14.9%と高水準です。他の、スリム型や台形型のモジュールパネルと組み合わせて、屋根の端まで敷き詰めることができます。美しいフルブラックで、デザイン的にも優れています。
京セラ KJ195P-3CRCE 多結晶 0.142 約45万円 この製品は、公称最大出力が195wで、モジュール変換効率は16.6%と非常に高い出力と変換率を実現しています。さらに、メーカー小売希望価格が10万円を切っていますので、非常にリーズナブルな製品です。
ソーラーフロンティア SF150-K 化合物 0.122 約44万円 この製品は、公称最大出力が155wで、総重量が20kgと非常に軽量です。20年間の長期保証が付いています(10年目までは90%の出力、20年目までは80%の出力を保障)。全面が黒で統一されたデザインです。

太陽光発電の一括見積もりをしてみる>>