HOME > 太陽光発電について > 太陽光発電とは

発電の仕組みは?

太陽光発電とは、太陽が放つ「光」が持つエネルギーを、「電気」エネルギーに変えて利用することを言います。ソーラーパネルと呼ばれる発電機に太陽光が当たることで、このエネルギー変換が行われるのです。日が射さないときは「光エネルギー」が少ないので、変換される「電気エネルギーも」少なくなります。でも、発電機の設置さえ行えば、発電そのものにエネルギーを使わないので、非常にクリーンな発電と言えます。

短所と長所

発電量は、気象条件という自然現象が左右するので、人間にはコントロールできません。どうしてもエネルギーが必要なときに、太陽が出ていないのでエネルギー供給ができない、というわけには行かないので、エネルギーの生成をすべて太陽光発電だけにしてしまうことは不可能なのですが、発電にエネルギーを必要としない、電気需要が多い昼間に供給量が多くなる、など需要に合った供給がしやすいことも、長所の一つです。

このページのトップに戻る