HOME > 主要太陽光発電メーカー > 長州産業

長州産業

主要機種の型式 太陽電池の種類 モジュール変換効率 1kWあたり相場価格
CS-260C11 単結晶 0.159 約50万円
特徴
単結晶シリコン156角フルスクエアセルを搭載し、モジュール変換率は、世界トップクラスの15.9%を実現しています。公称最大出力は260wで国内製品ではトップです。、屋根スペースを十分に活用できる、変形モジュールとの連携が可能です。

長州産業の太陽光発電システムの特徴

長州産業では、単結晶シリコンタイプの太陽電池と、単結晶シリコンと火結晶シリコンを組み合わせたHIT太陽電池を製造しています。単結晶シリコンタイプは、モジュール変換効率を最重視したCシリーズと、軽量コンパクトさを追及したBシリーズがあります。また、屋根全面を無駄なく活用するため、変形モジュールパネルの開発など、顧客ニーズに合わせた開発を行っています。


太陽光発電の一括見積もりをしてみる>>

メリットとデメリット

長州産業の太陽光電池は、様々な工夫がなされています。屋根スペースを無駄なく活用できるよう、ハーフタイプのモジュールパネルや、台形のモジュールパネルの採用、従来のセルが正方形の角を落とした形なのに対し、角を残した正方形にすることで受講面積が拡大し、エネルギー変換率を上げることに成功し、また、モジュールの絶対数を減らすことができるので、軽量化も実現しています

太陽光発電の一括見積もりをしてみる>>

このページのトップに戻る