HOME > 太陽電池の種類 > HIT

HIT太陽電池とは?

HIT太陽電池は、単結晶シリコンタイプとアモルファスシリコンタイプを組み合わせて作られたもので、発電効率が高いのが特徴です。ただし、システムの製造単価も現状では一番高いものとなっています。
発電効率から考えると、システム製造単価が安い多結晶シリコンタイプを多数設置するよりも、HITを一箇所に設置するほうが、総額で安くなる場合もあります。

こんな家庭にお勧めです

HIT太陽電池は、二つのシリコンタイプを組み合わせた、ハイブリッド型の新しいタイプで、パナソニックや三洋電機がこの技術を採用しています。世界ナンバーワンの出力効率を誇るのが、日本の三洋電機のHIT太陽電池で、一平方メートル当たり164kwの出力が見込まれます。
また、他のタイプに比べて熱に強く、日射によりモジュールの温度が上昇しても、発電効率が下がらないので、日射の強い地域の方にもお勧めです。

このページのトップに戻る