HOME > 太陽電池の種類 > 化合物

化合物系太陽電池とは?

化合物太陽電池というのは、シリコンを使用せず金属分子の化合物が主原料となっている、新しいタイプの太陽電池です。分子記号を並べて、CIS系太陽電池やCIGS系太陽電池などのように呼ばれることもあります。シリコンと違って主原料の入手が容易であることから量産することができるので、太陽電池の低価格化に貢献する可能性が高いと言われています。

出力の優位点

化合物系太陽電池には、シリコン形と大きく異なるシステム的な違いがあります。シリコン形太陽電池は、モジュールが直列連結しているので、影ができて発電しないモジュールがあると、全モジュールの発電力が落ちる、と言う特性がありますが、化合物系は影内にあるモジュールの出力が下がるだけで、全体には影響が及ばない、と言う特性もあり今後が期待されています。

このページのトップに戻る