HOME > 太陽光発電について > 太陽光発電のメリット

どこにでも設置できます

太陽光発電のために必要なものは、発電機だけです。設置以降、発電機を稼動させるためのエネルギーが必要ないので、地球の温暖化問題の原因となる二酸化炭素(Co2)を発生させることなく、エネルギーの生成が可能です。また、発電機は、日照のあるところならどこにでも、非常に小さな単位から設置することが可能なので、設置場所を選ばないのも、他にない長所といえます。

エネルギーを無駄なく活用

太陽光発電は、日照量により発電量が変わってきます。日の光が強い昼間に一番多く電気を作ってくれるので、人間の生活上で電気を一番必要とする昼間の電気エネルギー供給に大きく貢献できます。また、最近は蓄電池も開発されているので、作られた電気エネルギーをバッテリーとしてする蓄電することもできるようになってきました。また、余剰エネルギーは電力会社が買い取ってくれますので、エネルギーが無駄になりません。

このページのトップに戻る