HOME > モジュール変換効率 > モジュール変換効率とは?

たくさん発電するか、否か

モジュール変換効率というのは、モジュールに太陽の光があたることにより作り出される電気エネルギーの量が多いか少ないかを表します。1平方センチメートルのモジュールに太陽の光が100kwあたり、電気エネルギーが10kw作り出されたら、エネルギー変換効率は10%です。これに対して、同じ100kwの太陽光に対して15kwの電気エネルギーが作り出す太陽電池があれば、その方が変換効率が高い、と言えるわけです。

モジュールを選ぶときには

モジュール変換効率が高い(数字が大きい)ほうが、より多くの電気エネルギーを作り出すことができる、ということですから、太陽電池の導入時には、このポイントもしっかり考慮しなければなりません。現時点では、単結晶シリコンタイプの太陽電池が最もモジュール変換率が高く、多結晶シリコンタイプが最も低くなっています。

このページのトップに戻る